ブックメーカーのメリット・デメリット

ブックメーカーをこれから始める人・興味がある人は、ブックメーカーにおけるメリットとデメリットをしっかり知っておきましょう。

メリット

高いペイアウト率!!

ペイアウト率とは「賭け金に対して、払い戻される金額の割合」のことで、還元率や払戻率と言ったりします。ブックメーカーは平均95%前後のペイアウト率を誇っており、他ギャンブルに比べても圧倒的に高い数字となっています。このペイアウト率は高ければ高いほど賭ける側が有利となるので、ブックメーカーはその点で優れています。

自分の得意分野で勝負できる

サッカー

ブックメーカーの賭けの対象は多種多様です。

サッカーファンであれば、それなりにサッカーの知識やチーム間の勢力関係が分かっていると思います。

入出金が即座に行える

ブックメーカーでは試合結果が出るとすぐに配当金が入金されるようになっています。またecopayzのプリペイドカードを利用すれば近くのATMですぐに現金化することもできます。

デメリット

利益率が低い

ブックメーカーの利益率は大体2%程でよくいっても10%程なので、賭け金をかなりの金額賭けないと大きな儲けを生み出すことができません。試合観戦をより楽しむためのスパイスとしてブックメーカーを使うのであれば大した問題ではありませんが、本格的に投資として運用したいと考えている人はそれなりの初期費用と時間が必要になってきます。

出金するときに手数料が発生

出金を行うときにecopayzのプリペイドカードが非常にすぐに下ろせて便利ですが、ATM外貨為替手数料2.95%と通常の手数料650円が発生します。

頻繁に出金を行うとこの手数料だけでかなりの額になってしまいますので、出金はまとめてすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です