ブックメーカーのメリット・デメリット

ブックメーカーをこれから始める人・興味がある人は、ブックメーカーにおけるメリットとデメリットをしっかり知っておきましょう。

メリット

高いペイアウト率!!

ペイアウト率とは「賭け金に対して、払い戻される金額の割合」のことで、還元率や払戻率と言ったりします。ブックメーカーは平均95%前後のペイアウト率を誇っており、他ギャンブルに比べても圧倒的に高い数字となっています。このペイアウト率は高ければ高いほど賭ける側が有利となるので、ブックメーカーはその点で優れています。

自分の得意分野で勝負できる

サッカー

ブックメーカーの賭けの対象は多種多様です。

サッカーファンであれば、それなりにサッカーの知識やチーム間の勢力関係が分かっていると思います。

入出金が即座に行える

ブックメーカーでは試合結果が出るとすぐに配当金が入金されるようになっています。またecopayzのプリペイドカードを利用すれば近くのATMですぐに現金化することもできます。

デメリット

利益率が低い

ブックメーカーの利益率は大体2%程でよくいっても10%程なので、賭け金をかなりの金額賭けないと大きな儲けを生み出すことができません。試合観戦をより楽しむためのスパイスとしてブックメーカーを使うのであれば大した問題ではありませんが、本格的に投資として運用したいと考えている人はそれなりの初期費用と時間が必要になってきます。

出金するときに手数料が発生

出金を行うときにecopayzのプリペイドカードが非常にすぐに下ろせて便利ですが、ATM外貨為替手数料2.95%と通常の手数料650円が発生します。

頻繁に出金を行うとこの手数料だけでかなりの額になってしまいますので、出金はまとめてすることをおすすめします。

Instagramの特徴

・おしゃれな写真投稿が多い

・ハッシュタグが多い

・仲の良い人とだけ繋がるコミュニティ

・「いいね」で拡散しないので、ユーザーが積極的にハッシュタグを辿ってコミュニケーションを起こす

・若者の間では検索エンジンよりも、ハッシュタグやユーザー名検索を活用して情報収集する人も多い

Instagramではフォローしている人以外の投稿はフィードに流れてこないので、ハッシュタグを辿って他人の投稿を見る文化があります。見つけてもらうにはハッシュタグを付けることが必須です。その付け方もTwitterとは違い複数つくことが多いという特徴があります。

また投稿が外に拡散しにくいので、フォロワーに好まれるものをしっかりと発信していくことが大切ですね。もちろん必ずきれいな写真を付けないといけません。

重要指標

Facebook同様、重要指標は「リーチ率」です。関心と親密度を計算するアルゴリズムでリーチがコントロールされているため、Instagramでも「リーチ率」が重要な指標になります。コントロールされている中でも、まずはユーザーにリーチする「質」の高い投稿をすること、Instagramの世界観を崩さずブランドを伝えていくことが大切です。

Instagram運用方法

1.質の高い投稿

ハッシュタグを効果的に使い、Instagramの世界観を踏まえた「オシャレ」な投稿をしていきましょう。

ユーザーによりリーチしやすい曜日、時間帯を検証し、少しでも目に触れられる投稿タイミングを探ります。また、ユーザーのタイムラインを占拠して鬱陶しく思われないよう、投稿数は少なめに。量より質重視です。

3.リーチの拡大

コメントをくれたユーザーには返信をして親密度を向上させましょう。Twitterのようにアクティブフォロー・アクティブアクションをしてリフォローを狙っていくこともリーチの拡大につながります。Page Post Adの活用も有効でしょう。ネットに「インスタグラムフォロワーを増やす」ツールがあったのでご紹介しておきます。

4.アルゴリズムの高評価を獲得

質の高い投稿を親和性の高いユーザーに積極的に届けることで、エンゲージメント率が上昇します。アルゴリズム上の評価が上がることでリーチ率も高まります。

Instagramでは、質の高い写真とハッシュタグ活用が最初のポイントです。投稿タイミングを調整してリーチを拡大し、アルゴリズム上の評価を高めれば、安定して高いリーチ率を獲得できるようになるでしょう。